読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニングコーヒーはベンチで鳩と

諸行は無常、passtime paradise

Listn.me という英語メディアを運営して

仕事

昨年末にこれまでの集大成的なアプリをリリースしてひと段落着いたので、この機会にどういう動機でやろうと思ったのか等、始まりから終わりまでを簡潔にまとめてみたいと思います。

注:書いていて、英語学習に対する視点とビジネス的視点が交錯してきたのですが、今回はビジネス視点は控えめに英語学習の視点に寄せてまとめます。

どんなプロジェクトだったか

普段使いの英語サイト Listn.me というサイトを運営していました。TOEIC スコア上げのテクニックやビジネス英語ではなく、普通に友達同士で使う日常英語に特化した会話動画をYouTube に上げて、それに英語・日本語・解説をつけたものをコンテンツとして配信するスタイル。

2014年2月〜2015年10月の期間にアップした動画の数は400超、YouTube 登録者数は約35,000、サイトのPVは月間約30万といった規模。出演したスピーカーの数は10名超。2015年8月にはユーザーとのミートアップを開催して50人限定のチケットが完売しました。2015年12月に動画とスクリプトが視聴できるiOS アプリをリリースして、一応プロジェクトの活動自体は終了しました。(アプリのサポート等は継続します)

app.listn.me

なぜそのようなコンセプトのサイトを作ろうと思ったか

自分が学生だった頃の英語学習は文法や単語帳の暗記にとらわれて、肝心の「話す」という最も基本的なコミュニケーションに時間を割いてこなかったなあ、という反省があり、3年前カナダに数ヶ月滞在してみて、英語を使う環境に身を置くとやはり日々気づきがあって、例えば生活のところどころでネイティブが使うフレーズが決して難しい単語じゃなく、知ってる単語の組み合わせでできているといったことや、流暢でなくても自信を持って話すことの重要さなど、英語のできる人達が口を揃えて言うような事柄ですが、経験してみて実感することが多々有りました。

初期の気付きで記憶している例だと、ダイナーなどで食事をしていて、もうお皿を下げて欲しいと思ったときに、食べ終わったから、、eat と finish を使って、、などと考えてなんとか伝えていたのが、あるときカナダ人と食事に行く機会があって、I think I'm done. と言っているのを聞いて「なるほど〜!」と思ったり。(I think は無くても良いと思うけどカナダ人は結構これを付ける印象) 

で、その頃学習用に見ていたのが、Voice of America や elllo といった海外の英語学習サイトで、読み上げ機能があるもの。どちらもそこまで話すスピードが速くないので初心者が英語のリスニングを始めるには丁度よいレベル感だったんですが、トピックがまあつまらない。勉強なのでつまらないのも仕方がないか、と諦めて聴き続けて音読もしましたが、楽しんで、というより完全に義務感で聞いてました。

 

では自然に継続できる学習教材とはどんなものだろう? と考えました。好きな芸能人のブログを読むような感覚で毎日見れる動画コンテンツがあれば英語学習も苦痛じゃなくなるんじゃないかと思ったわけです。 

個人で開始、法人化〜終了まで 

2014年2月からコンテンツの制作を開始しました。まずはネイティブ・スピーカーに独り語りスタイルでその日に起きたことなんかを喋ってもらい、3分程度に編集したものをYouTube にアップ。それに英語訳と解説をつけてTumblr にあげました。始めるにあたりサイト構築はしないでまず Tumblr を使うことにしました。それとともにfacebook ページを作って、新しいコンテンツが出来たらまずYouTube のリンクをポスト。翌日には答え合わせの英語訳が付いたTumblr ページをポストして宣伝。1週間に2本ペースで更新していきました。少しずつページにファンがつき始めた頃、YouTube の再生回数や登録者数も増え始め、そろそろ会話形式の動画が作りたいな、と思っていた矢先にスピーカーからも自分の友達でこのプロジェクトに興味を持ってる子がいるので、その子と会話形式で動画を撮ってみても良いか? という提案があり、そこから会話形式の動画が始まり、Listn.me のスタンダードなスタイルになっていきました。

この頃はまだ個人の趣味程度にやっている時期で、そこそこ知名度が上がってきてから英語教育関係者に会うと、スピーカーをどうやって集めたんですか?と訊かれることも度々あったのですが、最初の一人はCraigslist に募集を出して応募してきてくれた中から何人か会って決めました。

可能性を感じ事業化を目指し法人化

徐々にではあるが自然とview数も増えていき、関わりたいというメンバーも出てきたので、これは事業に出来るかも、というか事業化したいという願望があり自己資本で法人化しました(その後縁故で増資)。他に無いコンセプトだったのでYouTube での登録者数の増加スピードも早く、英語教育カテゴリでは最終的に日本のTop10には入っていたんではないでしょうか。

他チャンネルとの違いをざっくり書くと

  • 使う言葉はほんとの日常会話。Fワードも入りまくり
  • 複数のスピーカーが毎回入れ替わりで話すので色んな英語が聴ける
  • 飽きが来ないようトピック選定をエンタメ系、文化の違い系、時事ネタ系、下ネタ、後期ではスラング紹介、など幅を持たせる

といった工夫をしていました。

コンテンツは評価されるも事業計画は評価されず

サイトを運営している間、学習者からポジティブな感想やコメント、メッセージは数えきれない程もらいました。しかし投資家やVCには評価されず資金難に陥るという結果になりました。うまく事業化出来なかった原因を振り返ると色んな理由が浮かびますが、結果論になってしまうかと思うので特に言及はしません。

 日本の英語学習に貢献出来たか

 事業として成功することはできませんでしたが、英語を勉強しようと思っている人、海外留学を考えている、もしくは留学中の学生に対しての認知度はかなり高くなり、スピーカー達が街で声をかけられたり、ソーシャルメディアを通して質問されるようになったりと、英語を学習する人達のモチベーションや考え方に多少なりとも影響を与えることは出来たかな、と思っています。

といいつつ、自分の英語力は全然たいしたことが無いので、引き続き日本人と英語という問題は考えていきたいと思っている所存です。