読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニングコーヒーはベンチで鳩と

諸行は無常、passtime paradise

鳥取の冬:味暦あんべで親ガニ丼を食べた

山陰地方の冬の味覚といえば、11月下旬から市場に出る松葉蟹に尽きるわけだが、鳥取人にとって蟹は自宅で食べるものであって、飲食店で食べるものという認識は薄い。だいたい正月に帰省すると、自宅や親類のうちで鍋、塩茹で、焼き蟹といった調理法で食べさせてくれるので、高級食材なんだけど普通の家庭料理になっている。そんな鳥取市民が、わざわざ予約して食べに行く蟹の店が鳥取市にあるのでちょっとまとめてみた。

まず親蟹って何?

って感じかもしれないが、一般的に食される蟹は「オス」で、オスの半分位の大きさの「メス」を親蟹と呼ぶ。メスは小さく身もそれほど無いのだけど、卵が付いていてこれが美味。前述した通り自分もかに道楽とかの店で飲食した経験がほぼ無いので定かじゃないが、親ガニを提供する店はほとんど無いと思う。よって、世間一般の人々はオスの蟹をいわゆる蟹料理と想像するのではないだろうか。

で、なぜあんべがそんなに人気があるかというと、一人前の丼ぶりに対し親蟹を7〜10杯使った蟹丼を提供しているからなのだ。勿論食卓にも普通に並ぶ親蟹ではあるが、たいていぶつ切りにして味噌汁にするか、ちょっとほじくって卵だけ食べる、みたいな乱暴な食べ方をしてる家庭がほとんどで、手のこんだ料理をすることが無いからというのはあると思う。

これが親ガニ丼、3500円也

f:id:KeanuReeves:20160101172936j:plain

f:id:KeanuReeves:20160101173001j:plain

 

まあ正直いって安くは無い。実際2年前は2500円だったんだが、去年3000円、今年3500円と2年間で1000円も値上がりしてしまった。理由を聞いたところ、北陸の方の蟹漁が不作で鳥取で採れた蟹が金沢などでより高値で売れるのでそっちに流れてしまい、蟹自体の取引値が高騰しているというのもあるとのこと。

で、肝心の味だけど、それはもう美味い。濃厚な蟹味噌、醤油漬けされた外子はプチプチした食感で、オレンジ色の内子はホクホクした食感と濃厚な味わい。手間暇かけて丁寧に身を取り出し、1杯の蟹からは少量しか取れないたまごを集めてこれだけの量にして味付けしてるわけなので、なかなか家庭では再現できない味である。 

 

f:id:KeanuReeves:20160101173038j:plain

 

訪れたのは31日大晦日の14時。この時間帯でも満席で、しかも食べ終わる頃にもまだお客の入れ替わりがあった。大大繁盛である。実はあんべの親ガニ丼は年内で終了とのことなので、もしこれを読んで食べたいと思っても年末まで待たないといけないわけだが、ここ数年はこれを食べるのが帰省時の必須ToDo となっている位、一度食べたら忘れられない味わいなので、機会があれば是非足を伸ばしてみて欲しいと思う。

 

tabelog.com