読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニングコーヒーはベンチで鳩と

諸行は無常、passtime paradise

写真で振り返る星のや富士のグランピング

オープンのティザーサイトが公開されたあたりから気になっていた星のや富士に行って来ました。注目していた理由は、星のや軽井沢に以前滞在してかなり満足度が高かったからというのもありますが、グランピングをコンセプトにしたアウトドア型施設であるところが何より大きいです。

野外フェスをはじめ年に何度もキャンプに行く私からすると、グランピングのトレンドは最初洒落臭いと感じていましたが、家族や子連れで気軽にアウトドア気分を楽しめるというのは新しいレジャーの切り口でした。

 

f:id:KeanuReeves:20160403011849j:plain

まず車で向かう先は河口湖近くの駐車場。そこに車を止めて、送迎車で宿に向かいます。送迎車からもアウトドアコンセプトが十分伝わります。

f:id:KeanuReeves:20160403012010j:plain

Jeep のWrangler 星のや仕様。

f:id:KeanuReeves:20160403012150j:plain

ここで壁にかかっているカバンに目が行くわけですが、アウトドアを楽しむためのグッズが入っており、好きなものをひとつ選んで滞在中使うことができます。

中身は、双眼鏡、水筒(ボトル)、ブランケット、エアークッションなど。

 

急で入り組んだ坂を登ってフロントに到着。まだ時間は14時前で、チェックインは15時からなのでかなり余裕がありましたが、クラウドテラスでコーヒーや焼きマシュマロなどが楽しめるということで、荷物だけ置いて早速施設に向かいました。

クラウド」と冠するだけあり、多階層に重なって構成されている建築群は空中庭園の趣がありました。そこかしこに椅子や寝転がれるスペースが設置されていて、この時期はまだ寒いのでホットカーペットならぬホットひざ掛けも完備です。

f:id:KeanuReeves:20160403012325j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403012421j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403012516j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403012608j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403012726j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403012823j:plain

Snowpeak やNordisk といった国内外の1流アウトドアブランドのキャンプ用品が各所に用いられているので、頻繁にキャンプするガチ系の方々からも及第点をもらえるのではないかと。

ロッジと、その前の広場にはキャンプファイヤーエリアがあり、ここでマシュマロやバナナを炙って食べることができます。

f:id:KeanuReeves:20160403012917j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403013000j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403013622j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403013724j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403013308j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403013843j:plain

クラウドテラスを更に少し登って行くとテントが貼ってあり、中は見ての通りゆっくり過ごせる仕様になっており、雑誌などで見て皆が想像する”グランピング" のイメージを再現しています。

f:id:KeanuReeves:20160403014031j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403014131j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403014250j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403014405j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403014453j:plain

そうこうしている間に15時を過ぎたので、チェックインカウンターに向かいました。鍵を受け取りキャビンへと向かいます。ちなみに全40室とのこと。今回はスタンダードな部屋を取りました。広いタイプだと室内に暖炉があるんだとか。

着いた日はあいにくの曇り空でしたが、全室一面の窓からは富士山と河口湖が見下ろせるような仕様になっており、特筆すべきはここですが、テラスにはなんとコタツがあります。寒い季節でもコタツに入って暖まりながら富士山を眺めたりできます。

我々も夕暮れまでなんとか雲の切れ目から富士山が顔を出さないかと待っていましたがこの日はその姿を確認することが出来ませんでした。

f:id:KeanuReeves:20160403014758j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403014903j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403015005j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403015103j:plain

夕食はダイニング棟で取れるプランにしました。他にはクラウドテラスの方でダッチオーブン料理を楽しめるプランもあるようです。もうちょっと暖かくなったら野外ディナーも気持ちよさそうです。

コースはサラダ、前菜、メイン、デザートといった構成。サラダは6種類出てきて、気にいったものはおかわりできます。バケツに盛りつけられているところも芸が細かいです。メインは肉の種類を選んで、ダイニング中央にある焼き場でトングを使って一緒に調理していきます。ちゃんとシェフがひっくり返すタイミングなどを指示してくれるので、焦がすことなく料理できました。ちょっとした体験が夕食を演出してくれます。豚、牛の他にお試しで鹿も頼んでみました。ジビエは得意では無いのですが、臭みが無く赤身なのでさっぱりしていて美味しかったです。

f:id:KeanuReeves:20160403015233j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403015625j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403015720j:plain

メインを食べ終わり、これからデザートという時に、クラウドテラスでアコースティックギターの演奏があるということなので、一旦外出することにしました。もう1つ特筆すべき点がここですが、スタッフの方々の対応がとても気持ち良く、臨機応変にリクエストに応えてくれることです。限られた客数だからこその余裕かもしれませんが。

この日も夜は1度とかかなり低い気温まで下がるので、しっかりと着込んで上がります。

f:id:KeanuReeves:20160403015853j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403020036j:plain

演奏自体はぶっちゃけ大したことありませんでした笑。雰囲気作り程度でしょうか。しかし焚き火を見ながらコーヒーを飲んでボーッとする一時はキャンプの醍醐味なので、そういった体験が出来るのは嬉しいです。

レストランに戻りデザートを食べ、部屋に戻りました。さて風呂に入るか、というところで気づいたのですが、温泉や大浴場がこの施設にはありません。部屋のお風呂は綺麗でしたが、大の温泉(というか大浴場)好きとしては、ここは物足りなかったです。

翌日の朝食は、夕食と同じ場所と部屋でのルームサービスとクラウドテラスでホットサンドを自分で焼く、というプランから選べるのですが迷わずホットサンドにしました。天気もよくキャンプの朝ごはんをリッチな仕様でいただく、ここに来てグランピングの真骨頂を見た感じです。

f:id:KeanuReeves:20160403020410j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403020508j:plain

 チェックアウトが12時なので朝食後もしばらくハンモックで遊んだり、ゆっっくり過ごしていましたが、写真撮影のスポットを探していたところスタッフの方が良い場所があるんです、と案内してくれました。見上げると木の葉が空をハート型に繰り抜いたような場所がありました。

f:id:KeanuReeves:20160403020619j:plain

f:id:KeanuReeves:20160403020840j:plain

 f:id:KeanuReeves:20160403021138j:image

総評として、アウトドアに興味があるけどキャンプなどしたことが無い人でも楽しめる良い施設だと思いました。今回は1泊2日の旅でしたが、現時点ではそのくらいで丁度良いかなという印象です。去年の10月にオープンしたので、おそらく今後も色んな設備が増設されていくのではないかと思います。大浴場があると嬉しいし、子供が楽しめるアスレチック施設なんかがあると家族でも楽しめる場所になりそうだと思いました。

f:id:KeanuReeves:20160403021221j:image